【アメリカン・リアクション-い草編】日本人の癒やしの香り アメリカ人は?


皆さんこんにちは、RESOBOX営業担当の杉です。先日からアメリカは記録的な大寒波に襲われ、NYでもマイナス15度を記録しました。日本ではなかなか体験できない寒さの中、僕は毎日多種多様な方々に日本の商品の魅力を届けております。

いきなりですが皆さん、い草と言われると何を一番に思い浮かべますか?日本人の皆さんはおそらく、”畳の原材料”や”畳本来の植物の匂い”、”除湿や空気清浄、リラックス効果”などなど、漠然と思い浮かぶのではないでしょうか?

日本人の常識は通用しない?

ここ最近、い草フラワーという新コンセプトの商品をNY市場でPRしているに辺り、ニューヨーカーには日本人とは全く異なるい草の捉え方があるなと感じます。まず、い草は英語名では”Natural Rush Grass”といいますが、アメリカ人でこの名前を知っている人はいません。一部の日本愛好家やアジア人を除き、日本人の和の文化を表現するに欠かせない畳の存在を知っている人もここNYでは皆無です。商品のPRに辺り、い草という日本人では誰もが知っている素材の特徴や機能性を一から説明しなければならない難しさとやりがいがあります。

この我々が知っている大前提の情報を、全く知らない人に伝える作業って意外と大変なんです!

East Villageのホテルで採用!

そんな中、NYのSagoホテルでは、今回ロビーにい草フラワーを採用して頂きました。 彼らはい草の空気清浄効果に着目し、このい草フラワーをいくつロビーに置けば、空気清浄機と同じ効果を得られるのかと僕に尋ねてきました。しかし、い草の空気清浄効果はあくまでも機能性の一部であり、空気清浄機と同じ効力は期待できない旨を伝えると、そういうものなのかと納得していただきました。このホテル、元々オーナーが植物好きで、ロビーにはサボテンがいくつも置かれています。い草とサボテンのコントラストが上手く噛み合い、素敵なんですよ。ぜひNYにお越しの際は、Sago Hotelでのご宿泊もご検討されてみてくださいね。

●「株式会社RESOBOX」は、日本文化と多文化が響き合い、新たな文化を創出するスペースをNY市内で展開しております。日本文化を核にしたパフォーマンスをアメリカで披露したいとお考えの方はご相談ください。また、上記のような文化事業に加え、海外進出支援サービスも行っております。マーケティングリサーチやイベント出店、米国に合わせた商品開発に関する相談はもちろん、NY在住のアーティストとのコラボレーション企画などもご提案できます。興味がある方はHPをご覧ください→ https://resocreate.com 。問い合わせはhttps://resocreate.com/contact/まで、気軽にお寄せください。