About


文化振興事業と海外進出支援事業を展開

RESOBOX(レゾボックス)は、米国ニューヨーク市で2011年に創業し、日本文化を世界に発信する「文化事業」と、米国への参入を目指す幅広い企業を対象にコンサルティングを行う「米国進出支援事業 」を展開しています。社名は、日本文化と他文化が響き合い、新しいものを創出する場所にしたいという思いから「Resonate(共鳴する)」と「BOX(箱)」の二単語を組み合わせました。

文化事業」では、ニューヨーク市内のロングアイランドシティ、イーストヴィレッジに2つの店舗を構え、「ギャラリー」「カフェ」「文化教室」「イベントスペース」を経営。これまでに日本にまつわる100以上の展示会と、70以上のイベントを開催しております。

米国進出支援事業」では、クライアント企業様に寄り添った進出を目指し、コンサルティング、プランの立案、マーケティングリサーチ、営業代行などを行うほか、インバウンド対策のご相談にも対応しております。

弊社の特長は、文化事業で培ったネットワークを活用しながら米国進出支援を行えること。また、ニューヨークに拠点を置くことで、さまざまなプランを比較的低予算で実施でき、長期的なサポートが可能です。クライアント企業の希望や進出段階に合わせ、今後に繋がる結果が得られるよう、柔軟なご提案を行っております。

 

チーム紹介

創設者 & CEO 池澤崇

1980年東京生まれ。慶應大学商学部卒業。在学中に世界20カ国をバックパッカー旅行。富士山公認登山ガイドを経て、2004年渡米、邦銀にて融資業務に携わる。退職後、ニューヨーク市立大学にてMBA取得。在学中にRESOBOXを立ち上げ、現在に至る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

営業 杉泰成

福岡県出身。東京のゼネコンで3年半建築・営業業務に携わる。退職後2018年よりRESOBOXに加わり、日系企業の米国進出サポートの営業担当。6歳から現在に至るまでラグビーを続けるラガーマンで体力には自信あり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クラス管理&プロモーション グビッツ麗子

大学卒業後、数年間、出版関係の会社に勤務。その後結婚を機に渡米。日本とアメリカで出産・子育てに奮闘しながら、ニューヨークの自宅にて、日本人の子供向けの日本文化イベント・日本語クラスなどを主宰。2018年10月よりRESOBOXに加わり、クラス管理とプロモーション担当。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広報 末永朋子

日本の地方新聞社でライター、編集、広告企画などに従事。2008年から日本の伝統や文化に触れる旅や、グルメのイラストコラムを中国新聞(広島)のタブロイド版生活情報誌で毎月連載中。RESOBOXでは日本の広報を担当。本メディアでは、主に日本文化やインタビュー記事などを執筆。