世界的な盆栽ブーム! 輸出額が80億円を突破


皆さんはどんな趣味をお持ちですか? 最近、ミニ盆栽にはまっているRESOBOX広報の末永です。実はNYのギャラリーで定期的に開催している盆栽教室がとても人気で、気付いたら自分もはまっていたという(笑)。以前開催した盆栽の展示会も、老若男女問わず多くのニューヨーカーに大好評で、日本が誇る「生きる芸術」の力に、日々驚かされています。 

「BONSAI」は世界共通語! 

というのも、日本では年配の方々の趣味と捉われがちな「盆栽」ですが、欧米では「BONSAI」として認知され、人気は年々広がっています。日本貿易振興機構によると、日本から海外への盆栽輸出額は年々増加し、2001年に6億4000万円だった輸出額は、16年には80億円を突破!その後伸び続けているとのこと。まさに世界的な大ブームが巻き起こっているんです。

日本開催の盆栽イベントは外国人がいっぱい

また、2017年4月に埼玉県で開催された第8回「世界盆栽大会」には、40の国と地域から約4万5000人の愛好家が参加。300点を超える作品が展示され、一流の盆栽作家によるデモンストレーションには外国人観光客が長蛇の列を作り、大賑わいでした。

ユネスコの無形文化財登録の日も近い!

さらに文化庁は、日本の伝統文化である「盆栽」を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産への登録申請の対象として検討することを決定。「和食」に続き、日常生活に関連する遺産として登録される日も近そうです。日本国内では、年配の方々の趣味と思っている人も多いかもしれませんが、世界ではどんどん魅力が認められ、ファンが急増。今後は日本の若い世代にも人気が出てる予感がします。

進化する日本の伝統文化に期待

私たち日本人が「古い」と感じる文化でも、海外では「新鮮で素晴らしい」と受け入れられたり、「新しいカタチ」に進化を遂げ普及したりしています。例えばけん玉もそんな文化の一つ。米国から動画サイトYouTubeを通して発信された新スタイルが話題を呼び、世界中で大ヒット! 日本でも逆輸入という形で再ブレイクを果たしました。今後もさまざまな日本の文化が世界に発信され、新たな広がりを見せてくれることでしょう。今から楽しみでなりません。

「株式会社RESOBOX」はニューヨークを拠点に幅広い企業を対象にした海外進出支援サービスと、バラエティーに富んだ文化事業を展開しております。問い合わせなど、詳しくはHPをご覧くださいhttps://resocreate.com